東京タラレバ娘 原作のネタバレは?

人気ドラマだった視覚探偵 日暮旅人の原作の結末が気になる方はこちら

累計発行部数260万部を突破した東村アキコの人気コミック『東京タラレバ娘』をドラマ化しました。原作とドラマではどのように違っているのでしょうか。漫画とドラマを比較して結末がどのようになるのか予想してみたいと思います。

東京タラレバ娘のあらすじについて

このドラマは、高校時代からの大親友3人のお話です。脚本家の倫子(りんこ)、ネイルサロンを経営している美人でスタイルもいい香(かおり)、小雪(こゆき)は、父親が経営している居酒屋「呑んべえ」で働いている小雪(こゆき)の3人。

恋も仕事もうまくいかずいつも3人で女子会を居酒屋呑んべえで、「~たら」、「~れば」と言ってお互いをなぐさめあう日々を送っていました。

ある日、そんな話ばかりしていると金髪のイケメンに『このタラレバ女』、『行き遅れ女の井戸端会議』などと罵られ、三十路の3人はイラつき落ち込んでいきます。

しかし、冷静に考えてみると自分たちの言動が金髪イケメンの言う通りで反論できず余計に荒れてしまいます。

しかし、この金髪イケメンも呑んべえの常連となり倫子たちと何かしら関わっていきます。

そして、倫子と金髪イケメンが一夜をともにしますがどういうことなのか今後が気になります。

他のふたりも元カレだったり、結婚している人に会って戸惑っています。

気になるひとが現れる一方でそろって三十路という婚期を逃しそうになるのを不安に感じながら日々をすごしています。

【PR記事】

副業で稼ぐ方法に注目!

副業ならYouTubeで

YouTube タグについて

東京タラレバ娘の原作について

漫画「東京タラレバ娘」は累計発行部数260万部を超えるほどの人気漫画です。

『この漫画がすごい!』おんな編など、数々の賞を受賞しており輝かしい功績を残しています。

漫画雑誌「Kiss」に2014年5月から掲載されていて、単行本は2017年2月の時点で6巻まで発売されています。

漫画とドラマではどこまで忠実に再現されているのか気になりますが、現時点で原作ファンからすると結構違っていると話題になっているようです。

まず、3人娘の年齢が33歳から30歳になっているところです。

役を演じている方の年齢も28歳であり、若干若く感じます。

主人公倫子は原作では仕事が順調であるのに対してドラマではうまくいっていません。

この時点で結構違うので今後も違ってくるかもしれませんね。原作とはまた違った楽しみ方ができるかもしれませんね。

東京タラレバ娘の原作でネタバレしている?

現時点で7巻まで出ていて金髪イケメンと倫子の恋の行方が気になるところです。

まさかの金髪イケメンは結婚していて、嫁が死んでいたとう衝撃の事実が発覚しました。

しかも倫子にそっくりだということがわかりました。

個人的には金髪イケメンと倫子がくっついてほしいと思いますが結末はどうなるのでしょうか。

なかなか金髪イケメンが倫子を好きになる気配はないですが・・・。主人公たちを自分と重ねて応援したくなる人がほとんどだと思います。

3人そろって恋も仕事もうまくいってハッピーエンドで終わってほしいですが、ドラマと漫画で違いが出てくるのでしょうか。

まだ漫画も完結していないだけに誰も予想でしか結末をこたえられません。

わざわざ漫画と同時にした意味もあるのでしょうか。

こうやって自分でいろいろとストーリーを考えるのも楽しいですよね。

私もタラレバ人間なので、3人娘に共感して感情移入してしまいます。

タラレバ言っていた3人がそういう考えをやめて前向きに進んでいけば、視聴者の方も今日を頑張っていこうと成長できるような気がします。

また、3人娘なので自分に近い人が当てはめられますね。これからも漫画もドラマも同時進行で楽しんでいきたいと思います。

貴族探偵について気になる方はこちら

→ 貴族探偵 視聴率 ヤバそう

ちなみに、視覚探偵 日暮旅人の原作の結末が気になる方はこちら

視覚探偵 日暮旅人 原作 結末
【視覚探偵 日暮旅人】原作の結末とは!?

【話題をピックアップ】

日々の生活を変えるならYouTubeで稼ぐのがオススメ

http://emilysfoundation.org/?p=1925

こちらの記事もチェックしてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする